ダイレクト型と代理店型の違い

ダイレクト型自動車保険の特徴

ダイレクト型自動車保険とはインターネットや電話などによって保険会社と直接契約する自動車保険のことです。
通販型ともいわれており、以前までは代理店型自動車保険が主流でしたが、最近この自動車保険に加入される人が増えています。

ダイレクト型自動車保険の特徴はなんといっても保険料の安さです。
代理店型自動車保険よりも安く自動車保険に加入できるので経済的負担を抑えることができます。
ただ、ここで気になるのがどうして同じ保険なのに安くなるのかですよね?
それは保険会社が負担するコストに隠されています。
インターネットや電話で契約してもらうことによって、店舗運営で発生する様々なコストや代理店手数料を抑えることができるのです。
そして、その抑えた分の費用を保険料に還元していると思ってください。
また、インターネットで24時間申し込みができるので、わざわざ店舗に行ったり、担当者と対面してお話をする必要がなく、時間がないという方に大変人気です。

しかし、一見非常に優れた自動車保険に見えますが、担当者に相談することができないので、全て自己責任で契約しないといけません。
自動車保険に関する知識がゼロという方や担当者と相談しながらじっくりと決めたい人には不向きです。

 

Page top