ダイレクト型と代理店型の違い

代理店型自動車保険の特徴

代理店型自動車保険とは保険会社の代理店と契約する自動車保険のことです。
以前まではこの契約方法が一般的でしたが、インターネットが普及したこともあり、徐々に申し込み者が減少しています。
どうして減っているのかというとダイレクト型自動車保険の方が安く加入できるからです。
同じ内容で保険料が安いため、ダイレクト型自動車保険を選ぶ方が増えています。
そのため、保険料の安さにこだわるのであれば、代理店型自動車保険はおすすめできません。

ただ、代理店型自動車保険にもメリットがあります。
それは対面して契約できるという点です。
自動車保険の知識が全くなくても保険のプロが相談に乗ってくれるので自分に適したものに加入できます。
保険を自分で選ぶとなるとある程度の知識が必要になってきますが、それを勉強するとなると大変な時間と労力が必要です。
働きながら勉強するのは困難なので、それであれば多少高くても代理店の担当者にお願いしたいという人も多いです。
また、困ったことがあったらすぐに相談できる、保険の見直しがしたいと思った場合に助けてくれるといったメリットもあります。

しかし、中には自分の利益だけを考えた担当者や自動車保険が苦手な代理店も存在するので、慎重に加入してください。

 

Page top